official account

四角く垂れ下がったお尻がハート型に

四角く垂れ下がったお尻がハート型になり、リフトアップかつウエストが引き締まる施術です。海外(特にブラジルなど)では一般的でしたが、最近日本でも人気な施術の一つとなっております。

ウエストと太ももから脂肪を採取し、その脂肪をお尻に注入するという、注入と吸引のバランスを高次元で実現させていきます。

POINT

質の良い脂肪を使用する

脂肪の注入方法(最も安全な方法)

脂肪採取のデザインにこだわりトータルで美しく

独自のカニューレ

質の良い脂肪を使用する

採取した脂肪には、実はフレッシュな脂肪、老化した脂肪、脂肪幹細胞、麻酔液などで構成されており、このうち脂肪の定着に関係があると言われているのが、「フレッシュな脂肪」と「脂肪幹細胞」のみです。当院では、この定着に関係がある脂肪のみに濃縮した脂肪を利用していくことで、無駄を極限までに省いた脂肪移植が可能となります。

脂肪の注入方法(最も安全な方法)

すべての施術に関して言えることですが、合併症が起こることは避けなければなりません。
最新の研究によって、安全な施術の仕方が明らかになって来ました。

1.深い筋肉内への注入は避けること
2.細いカニューレでの注入は避けること
3.注入を下に向けることを避けること

以上のことを守ることで、安全にお尻への脂肪注入が可能となります。しっかりと指や手の平の感覚を頼りに、また場合によっては術中にエコーなどで視覚的にきちんと注入層を見極めることで安全性をより高めて施術していきます。

(引用 https://academic.oup.com/asj/article/37/7/796/3075249 )

脂肪吸引と注入のバランスを高次元で実現

この施術では、吸引と注入を同時にバランスよく行う必要があります。つまり出すところは注入、締めるところは吸引して、どんな方向から見てもきれいなボディラインを作っていきます。解剖学的に裏付けされたデザインでしっかりと各々のポイントを見極め、それをベースに手術を行います。

独自のカニューレ

当院では、特別にオーダーし製作してもらったカニューレを用います。これによって、垂れてしまったお尻をしっかりと持ち上げることができます。

こんな方におすすめ

  • お尻をツンと上向きにしたい
  • 平たく四角いお尻をなんとかしたい
  • ブラジル人女性のようなお尻になりたい
  • 人工物を入れたくない

施術の流れ

  1. 01カウンセリング

  2. 02手術の予約+術前検査

  3. 03手術

  4. 04リカバリー室でお休み(固定)

  5. 05帰宅

  6. 06手術翌日縫合(希望者のみ)

07抜糸(術後1週間程度)

ダウンタイムの症状と期間

内出血・腫れは2週間程度
痛みの性状は重い筋肉痛のようなもので、期間は個人差がありますが、どれだけ弱い方でも1週間程度で落ち着きます。

術後経過とアフターフォロー

希望者は翌日処置(縫合)します。
約1週間後に抜糸(希望者は必要のない方法もあります)となります。

よくあるご質問

Q座ると注入した脂肪に負担はかかりませんか?

座ったときに当たるのは、坐骨結節と呼ばれるところで注入部位とは被ることはありません。よって注入した脂肪に負荷がかかることはありません。

料金表

  • 脂肪注入

    モニター価格 ¥1,000,000

    通常価格 ¥1,265,000

※抽出加工料は料金に含まれております。

※金額はすべて税込表記です。

MYCLIマイクリ

脂肪吸引・豊胸・エイジングケア専門クリニック

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-10-7 T.I.B 恵比寿2階

03-6450-2056(10:00-19:00)

各線恵比寿駅 徒歩1分